新着情報

2023.11.07ブログ

エアコン選びのポイント③「お掃除機能付き」~エアコンの選び方、間違いだらけ!~

エアコン選びのポイント③「お掃除機能付き」~エアコンの選び方、間違いだらけ!~

今回はエアコン選びのポイントの一つでもある「お掃除機能付き」について説明させていただきます。

カタログを見ると各製品の一覧部分に様々な機能が掲載されています。
グレードが良いほど様々な機能が付いていて、すごくハイグレードなエアコンは魅力的な感じがします。
その中で最も人気のある機能の一つがお掃除機能付きです。メーカーによって洗浄方法は様々ですが、「これでエアコンの掃除はしなくても大丈夫!」と思っている方も多いと思います。

「お掃除機能付き」でもお掃除しきれない!?

ところで、皆さん「お掃除機能付き」とはどの部分を掃除するのかご存じですか?
何となく字を見ると、全て綺麗にし、掃除やクリーニングは不要と思ってしまうところが、大きな落とし穴です!
では、どの部分を掃除するのか?下の図を使って見てみましょう。

一般的にはエアコンのお掃除機能は一番手前のフィルターのみです。
更にグレードが上がると熱交換器を洗浄する機種もあります。日〇の「凍〇洗浄」などがそれにあたります。
しかし、その奥の送風ファンや熱交換器の隅々まで洗浄することは分解しないと不可能なのです。
つまり、手前だけ洗浄しても奥のカビやダニは結局、風にのって出てきてしまうのが実状です。

衛生的にも経済的にも、定期的なエアコンクリーニングを!

折角お掃除機能付きのエアコンを購入しても、中途半端な掃除しか出来ず、結果的にエアコンクリーニングを依頼する結果となります。
一般的な相場はお掃除機能の付いていないエアコンが¥13,000程度に対し、お掃除機能付きは¥19,000~¥29,000。特に昨今の複雑な構造をしたエアコンは高額になります。
この観点から考えたときには、お掃除機能の無い機種もしくは、フィルター部分のみのお掃除機能付き機種を購入し、定期的にエアコンクリーニングをするのが、衛生面・経済面から考えても良いようです。

更には、エアコン内部が複雑になればなるほど、配線などが混みあい、内部の隙間が減ってきます。
結果的に、通気が悪くなるため、お掃除機能付きの方は奥側が汚れているケースが大半です!

エアコンクリーニングをご希望の方はコチラ!

エアコンクリーニング専門店エアフレッシュ新潟 特設サイト:https://hc.ncentury.co.jp/

次回も他の切り口から、エアコン選びのポイントを説明させていただくので、ご期待ください!

ページトップへ